Hopper entertainmentロゴ画像

MISSION

SARAH TAKASHIMA
サラシタカシマについて

江戸時代より“水”と“自然”の息吹と共に息づく産業、近江・“高島ちぢみ”。自然の一部を紡ぎだし、そこで脈々と受け継がれ、現代にいたる。その歴史が醸した産物は、日本の涼を古来より支え続けている。 涼を司るその技法は、織物にシボ(凹凸)を作った独特の製法で、吸湿性に優れ、人々を爽やで快適な生活様式へと誘う。高温多湿な土地の風土に適した素材であり、肌着のみならず多岐にわたったシーンでの活用がなされており、これから世界に求められていく素材としてその息吹を宿す。 Sarah Takashimaでは、“高島ちぢみ”を世界に届けるために発足した。まだ見ぬ世界への歩みと、世界で必要としている人々との歩みが揃い、本素材がユニバーサルデザインとして確立。“高島”“歴史を届けたい”そんな想いが集う本プロジェクトは、あなたの想いや理想を現実の生活へと誘う。 近江・高島を生活に、文化に、何よりもあなたに。

Example image

ABOUT

Example image

HISTORY
高島の歴史

その起源、高島ちぢみ「縮織生地」は琵琶湖の北西側に高島市新旭町で作られ、江戸時代末期に農民の冬季における副業として織られたものだった。京都・大阪方面への生地問屋への販売も、船(湖上交通)であり、大溝港(今の高島町勝野)から積み出されたという。まさに水と共に生きている産業といえる。 時代の流れと共に息づくその伝統は、絶えることなく今日へと受け継がれている。

Example image

織物にシボ(凹凸)を作った独特の製品で、吸湿性に優れ、爽やかな着心地であることから、高温多湿な日本の風土に適した被服素材として、肌着はもとより人々の生活様式に合ったあらゆる場面で活躍している。 そして現在高島では、より多種多様なニーズに応えるため、琵琶湖へ流れる安曇川の流水を利用した晒(布を白くする技法)や染色加工など、糸から原反までの一連の工程が全て産地内で可能となっている。

TEXTILE

PRODUCT PROCESS
生産過程

高島ちぢみは、通常の織り方に比べ、綿糸の撚りの回数を2倍以上にひねる事により生じるシボ( 縦シボ・凹凸) で肌に触れる面積を少なくし、撚り糸の本数も通常180 本のところを120 本で織り上げることによって、すき間を多くし、風通しが良くなるように仕上げています。そのため、汗をよく吸い、早く乾く性質を持っています。強撚糸を緯糸に使用し、伸び縮みする事により、汗をかいても肌には付かず、べとつかない。だから涼しい生地としての高島縮が仕上がります。水と共に生きる高島、その特徴は、シボの入り方がランダム・直線・波シボetc・・・と多彩なこと。それは高島が織物だけでなく、撚糸の産地でもあるからこそ成せる技なのです。

Example image

Crepe
楊柳 ( ようりゅう )

生地に独特のシボ(凹凸)を付ける工程です。
シボを付けることで生地が肌に触れる面積が少なくなり、サラッとした肌触りが生まれます。

Example image

ピケ楊柳

縦に均一のストライプのシボをつける加工です。 ピケ楊柳は1インチ間に何本のストライプのシボを入れるかで4種類に分かれます。 (10本、13.5本、17本、19本)中でも17本シボが最もよく使われています。 主に肌着用途として使われています。

Example image

波シポ楊柳

波を打ったようなシボをつける加工です。 使用用途が多岐にわたるため、弊社でも一番人気の加工です。 用途は肌着、パジャマ、寝具など幅広く使われています。

Example image

自然シポ楊柳

縦に均一のストライプのシボをつける加工です。 ピケ楊柳は1インチ間に何本のストライプのシボを入れるかで4種類に分かれます。 (10本、13.5本、17本、19本)中でも17本シボが最もよく使われています。主に肌着用途として使われています。

Printing Process
捺染加工

生地にプリント加工をする工程です。 顔料捺染(生地の表面に柄をプリントする捺染)と染料捺染(糸自体に色を染み込ませる捺染)があります。顔料捺染では一度に5色までプリントが可能です。加工は速い製品で100m/分のプリントが可能です。(SARAH Takashimaでは顔料捺染のみ行っています。)

Example image
Example image

Dyeing Process
染色加工

液流染色機を用いて生地を一色に染める工程です。 無地染め(単色染)以外にも、しぼり染めや製品染めなどにも対応可能です。

Example image

Why Chijimi is cool
チジミが涼しい理由

高島ちぢみは通常の平織りに比べ、緯糸(よこいと)の撚り(より)の回数を約2倍以上にひねる事により生じるシボ(凸凹)で肌にふれる面積を少なくし、織り糸の本数も通常180本のところ120本で織り上げることで、すきまを多く、風通しが良くなるように仕上げています。そのため、汗をよく吸い、早く乾く性質をもっています。 強撚糸を緯糸に使用し、伸び縮みする事により、汗をかいても肌には付かず、べとつかない。だから涼しい。高島ちぢみの特徴は、シボの入り方がランダム・直線・波シボ etc・・・と多彩なこと。それは高島が織物だけでなく、撚糸の産地でもあるからこそ成せる技なのです。

Environmental Challenge
環境への取り組み

河川、湖沼の水質保全の面から加工排水の汚濁負荷を除く処理として、当工場では生物処理方式を基本に考えています。工場排水は、生機から生ずる綿の不純物、澱粉、PVAなどの経糸糊と加工剤によって複合した汚濁水質になり、PH、BOD、COD、SS濃度が高くなります。 こうした状況から、より高度の排水処理を行うため、擬集沈殿法(澱粉、PVA、色相の除去)と活性汚泥方式(特殊な生物に依りあらゆる不純物を浄化し、汚泥物質を水と炭酸ガスに分解)の多段式として、規制されているBOD、COD、SSの値を低下させ、またPHは中性にコントロールされます。 こうして、水質汚濁防止法はもちろんのこと、県の規制、市の規制、さらには昭和56年7月から施工された琵琶湖の富栄養化の防止に関する条例をもクリアし、琵琶湖をはじめ、あらゆる自然環境の保全に万全を期しています。

CONTACT

CONTACT

MAIL
メールでのお問い合わせ

SEND

TEL
電話でのお問い合わせ

0740-25-3515

INSTAGRAM